美白の必要性は肌老化を食い止めることにあります

肌の老化を起こす原因の中でもその8割が紫外線から肌が受けるダメージによるものと言われているもので、

美白の必要性は、紫外線から受けた肌ダメージをいち早く回復させる点にあるものです。

紫外線により受けた肌ダメージをそのまま放置することにより肌は実年齢を大きく上回るような老化現象を起こしやすくなります。

紫外線に含まれている波長は3種類あると言われているものですが、肌を老化させるのはその中の2種類の波長によるものです。

一つ目の波長は短いもので、肌の表皮にあるメラノサイトでシミの原因ともなりえるメラニンの生成を活性化させることや、

肌表面の角質層の組織を破壊することにより、乾燥を引き起こしたり、肌を敏感に傾けてしまうものです。

それを紫外線のB波長と呼び、美白の必要性は、このB波長により破壊された表皮を回復させ、
ビューティー21
メラノサイトの活性化を抑制させる点にあるものです。

また、紫外線に含まれている波長でも長さがある為に、肌の真皮にまで侵入して、真皮組織を破壊するA波長と言う物がありますが、

美白の必要性は、紫外線のあは腸により破壊された真皮組織にあるコラーゲンを立て直し、

生成させやすくする働きを備えているということで、美白化粧品でお手入れを行うことにより、

肌の総合的な老化現象を適度に食い止め、回復させられるという事にあるものです。

代表的な美白成分には、確実な美白効果を肌に与えて、しみの元となるメラニン色素の生成を抑制させるとともに、

紫外線により破壊された真皮組織を再生出来るプラセンタなどが有効と言えるものです。